療妻健母®Life

「お母さんを家族の主治医に!」を応援する食養生の専門家のブログ

冬本番! 新型コロナのピーク~メディアや栄養学が伝えない意外な原因~The simple method for protecting your health from Covid-19.

いつも療妻健母®Lifeをご覧下さり有難うございます。 (Thank you for reading my acupuncture clinic blog. There is the summary of English translation bottom of this article.)

 

新型コロナウィルスの感染者数が毎日のように増加しておりますが、そもそも冬は新型コロナウィルスやインフルエンザウィルスなどに、感染しやすい季節です。

 

その一般的な理由としては、

 

①空気の乾燥

②寒さ

 

などが言われていますが、本ブログでは食養生の医学研究の観点からもう少し根本的な理由を考えてみたいと思います。

 

なぜならほんまに空気の乾燥や寒さが感染の主な原因だとすれば、なんで人間以外の野生動物の新型コロナウィルス等による重症例や死亡例がほとんど報告されていないのか、説明がつきません。

 

鹿や猪は今の時期雪山で走り回っていますが、新型コロナのクラスター発生により皆高熱出してるとか、咳出ているとか、聞いたことありませんよね(笑)。

 

 

結論から言いますと、

 

①胃腸を始めとする五臓六腑の疲労

②暖房器具の過度の使用による、体温調節(自律神経)の不調

 

が主な原因と考えられます。

 

実はココ、

 

乾燥や寒さより、ほんまに考えなあかんポイントです!

 

人間は恒温動物で、平熱が36.5~37.2℃程度で一定に調整されますので、一年で一番気温が下がる冬は、外気温と体温の差を埋めるために、必要なだけ食べて、熱(カロリー)を作らないといけません。

 

寒い時期に食欲が増すのは、自然なことなのです。

 

ただし!

 

毎日防寒具や暖房器具をフル装備して、寒さから縁遠い生活をしていませんか?

 

空腹を感じた時に、和食よりも洋食や中華、パスタ、ピッツァ、ハンバーガー、フライドチキン、スナック菓子、チョコレートなどスイーツについつい手がでることありませんか?

 

 

身体がたくさん熱を作らなくても良い環境で、消化に悪いものばかりを「美味しいから」「手軽だから」という理由で取り続けていると、間違いなく、

 

 

胃腸が疲弊します!

 

 

これが食養生の観点から考えられる、新型コロナウィルスに感染しやすくなる原因。

 

なぜなら胃腸が疲れたら、

 

免疫力が下がるのは当たり前!!

 

だからです。

 

身体には食べたものを消化する「消化酵素」と、新陳代謝を促進し免疫力を上げる「代謝酵素」の2種類があると言われますが、もとは同じ「酵素」です。

 

身体の状態によってより必要なほうへ変化します。(大腸の善玉菌と悪玉菌がもともと同じなのと一緒です)

 

消化に手間のかかるものばかり食べていたら内臓は悲鳴をあげますから、それを何とか消化するために「消化酵素」がたくさん必要です。

 

その分「代謝酵素」として働ける酵素が減りますので、新陳代謝が不足し、免疫力も下がるという訳です。

 

この縮図をまとめますと、

 

①クリスマス、年末年始、節分、バレンタインとご馳走が続く

 (&運動量が減る、暖房器具が充実していて、寒さに耐える必要がほぼ無い)

   ↓

②カロリーオーバーになり胃腸が疲弊する

   ↓

③(胃腸がオーバーワークになり)免疫力が下がる

   ↓

④新型コロナやインフルエンザウィルスに負けやすくなる

 

 

という流れです。

 

 

 

・・・身に覚えはございませんか?

 

 

食養生の分野では割と古くからこの考え方があるので、年末年始の胃腸疲れを癒すために7日には七草がゆ、15日には小豆ごはんなど、適宜消化に優しい食事に切り替えることで、日本の風土氣候に則した養生に努めます。

 

もちろんクリスマスやバレンタインは西洋の習慣なので、適宜楽しむのは良いかもしれませんが、敢えて本格的に倣う必要はございません。節分ロールケーキなどは健康維持の観点から考えれば愚の骨頂です(笑)。

 

 

 

ちなみに

  • 食欲がでない
  • お腹がグーっとならない
  • 睡眠をしっかりとったのに翌朝に疲労感が残る
  • 口内炎ができる
  • 口角が切れる
  • 口の周りが荒れる

 

といった症状が表れるのは、ほぼほぼ、

 

胃腸さんが疲れていらっしゃるサインです。

 

 

そのような状態でヤレ免疫力を上げる栄養素を取ろうとしたところで、きちんと吸収できないのは火を見るよりも明らかです。

 

 

では最後に、そのような時はどうすればいいでしょうか。

 

 

食べ過ぎて起こった 胃腸の不調を治すのは、

 

食べ物ではなく「休息」のみ。

 

 

「胃腸の調子を整える食べ物」を検索して、ビタミンや乳製品を摂ったところで、胃腸を冷やし、さらに疲れさせてしまいますから、要注意です。

 

 

自然にお腹が鳴るまで食事を摂らないことが、現場の食養指導士が教える一番手っ取り早い治し方。

 

 

f:id:YinYang-Harmony:20200902175928j:plain

 

 

本来当たり前のことですが、大事なので最後にもう一度言います。

 

摂りすぎて起こった不調は、控えることでしか治りません!

 

身体の声に耳を傾けて、年末年始も元氣に、明るく、穏やかに過ごして参りましょう!

 

 

鍼灸学修士・食養指導士

風ノ帆 拝

 

 


English translation is here.

 

Very strong cold front in winter has come.
Covid-19 is spreading more and more all over the world.

 

I introduce the simple and essential method based on Oriental medicine for protecting your health in winter.

 

Natural health management method your body really need is measure to improve the conditions of the gastrointestinal.

There are many event in winter,Christmas,New year or Valentine's day etc...

If you are having extravagant cuisine almost daily like steak,fried chicken,pizza or hamburger without some vegetable,maybe your stomach can not enough work.

Then, your immunity will go down.

 

I think that it is important to make modulate your eating habits.For example, you will take extravagant cuisine on special day, but you should better take simple food on ordinary day, for your health.

 

Please take care yourself, and I hope you have a great Christmas and a wonderful new year.

 

 

 

 

 

筆者の略歴、臨床経験、治療家になったキッカケなどにご興味のある方は

こちらのプロフィール をご覧下さい。

〇本ブログの引用について このブログのリンクは大歓迎ですが、著作権にご配慮頂き、アイデアや文章の転載、盗用、不適切な引用はお控え下さい。 引用される場合は、アドレスなど「出典」を必ず明記して下さい。

 

 

🍀Website

🍀Instagram

🍀Blog『療妻健母®Life』

『療妻健母®』とは、「良妻賢母」をもじった造語です。

家族の健康を、毎日の食習慣で守ることができる主治医のような女性を表します。

料理を食べる方の健康と笑顔を願い、自然の恵みに感謝して作られた料理は、家族の健全な心身を守る一番の良薬。そのような身体に対して謙虚で聡明な女性を『療妻健母®』と申します。

 

📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌

~お蔭様で7冊目! メディア掲載情報~

10/16(金)発売!

 

酢4大活用術「酢豆乳」「酢甘酒」「酢ゴボウ」「酢漬け卵」で免疫アップ、糖尿病撃退!「高血圧を自力で治す極意」「足の甲のばし」

 

腸内環境の整え方について造詣が深く、「世界一受けたい授業」にもご出演された東京大学名誉教授 小柳津広志先生の提唱される理論に、このたび東洋医学に基づく食養生☯️の観点から解説を加えさせて頂きました💖(*^^*)

 

 

🍀過去のメディア掲載情報はコチラ

 

📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌

 

 

🍀患者様のレビューはコチラ

 

 

 

Thank you for coming to my new blog.

My detailed profile is here.

  • The degree of Master of Acupuncture(Acupuncturist)
  • Japanese traditional medicine diet therapy leader
  • Macrobiotic cooking master