療妻健母®Life

「お母さんを家族の主治医に!」を応援する食養生の専門家のブログ

今すぐできる⭐️新型コロナの食養生~Wisdom of Japanese toraditional medicine for preventing covid-19~

いつも療妻健母®Lifeをご覧下さり有難うございます。 (Thank you for reading my acupuncture clinic's blog. There is the summary of English translation bottom of this article.)

 

東洋医学に基づく食養生が専門の医学研究者、『療妻健母®︎Life』編集長の風ノ帆です😊

 

食養生の研究の一環で、京都・美山へ自然農法を学びに行っており、久しぶりのブログ更新となりましたことを、まずはお詫び申し上げます。

(そちらのご報告はまた後日記事に致します)

 

新型コロナウィルス感染症第3波の到来を受け、今回はどのように自分や家族の健康を守るかについて、東洋医学に基づく食養生の観点から

 

「今すぐできる」

「手軽にできる」

「誰でもできる」

 

方法についてご紹介します!

 

 

ただし本ブログでは、特定の栄養素や食材が風邪に効く、予防になるというようなメディアが好むような伝え方は致しません。

 

というか、出来ません(笑)。

 

なぜなら、人にはそれぞれ異なる「体調」「体質」があります。

 

それを考えず、十把一絡げに「〇〇食材が風邪に良い」と表現することは、そもそも医学研究の観点からも無責任であり、不適切なことなのです。

 

自分に合わないメディアの情報を鵜呑みにすることで、余計に不調や病を悪化させてきた患者様を、臨床でもたくさん診て参りましたので、今回はそれを踏まえて、メディアが伝えない「シンプル」な健康の守り方についてお話しします!

 

 

「シンプルに」が今日のキーワードです🍀

 

 

そもそもなぜ冬に、風邪やインフルエンザなど、ウィルス性の感染症が増えるのかというと、一番の理由は『免疫力が低下しやすい時期』だからです。

 

免疫力は身体が疲れていると低下しやすいのですが、日常的に皆さんがよくやる身体を疲労させてしまうパターンは、

 

ズバリ「食べすぎ」(笑)!

 

寒くなったら体温を維持するため食欲が増すのは当たり前ですが、お菓子やパン、油たっぷりの洋食、ハンバーガーやピザなどのファーストフード、インスタント食品など、加工食品などでお腹を満たそうとすると、間違いなく胃腸は疲れます。

 

たまにならまだしも、

 

毎日コンビニエンスストアでお昼ごはん買うてませんか?(笑)

 

毎週ファーストフード店のドライブスルーへ行列作りに行っていませんか?(笑)

 

会員制量販店で、アメリカンサイズの食品やお菓子をカート一杯買うていませんか?(笑)

 

 

 

実は「内臓の疲れ」こそ、なかなか抜けない疲労の正体。

 

朝起きても疲れが残っている方、要注意です💖

 

 

人体は消化・吸収に手間がかかると、新陳代謝や免疫の働きが落ちます。

 

そこに空気の乾燥やウィルスの蔓延がおこると、

 

新型コロナウィルスだろうが、

 

従来型コロナウィルス(一般的な風邪のウィルスの一種)だろうが、

 

インフルエンザウィルスだろうが、

 

そりゃ負けやすくなるってモンです(笑)!

 

 

身体を一つの会社と考えると、細胞はやる氣いっぱいの従業員。

 

その数は大体決まっています。

 

重労働を強いれば、どんな優秀な社員も、働けなくなるのは当たり前です。

 

では免疫細胞の皆さんたちに、快適に働いて頂くために、私たちができること、

 

 

それは、

 

 

細胞の仕事を減らすこと!

 

 

つまり、

 

よく噛む。

腹八分を維持する

食事はお腹が空いてから頂く

和食を中心に消化に優しいものを選ぶ

年末年始でご馳走が続く時は、適宜プチ断食をして、胃をリセットする。(メリハリをつける)

適度な運動を取り入れる

ジャンクフードはほどほどに

 

消化に手間を取らせないことが第一です!

 

簡単です! 

 

やろうと決めたらすぐできて、お金もかかりません(笑)!

 

これだけでずいぶん身体が楽になります! 

 

嘘やと思う方は、10日間でもお試し下さい💖

 

 

実は「栄養を取らなきゃ元氣になれない」というイメージは、明治時代くらいのもの。

 

そもそも栄養学は「ドイツ人が北海道より寒いドイツで健康に生きるための学問」ですので、それをそのまま日本人に当てはめて、合うはずはありません

 

温暖な気候では、寒冷地より低カロリー(熱量)で十分なので、栄養学に則るほど、「食べすぎ」「摂りすぎ」が起こります。

 

風邪対策に必要なのは、栄養よりも、五臓六腑の休息

 

もともと皆さん、それはそれはお強い免疫力を持っているので、それを暴飲暴食で邪魔しなければ良いだけです!(笑)

 

免疫力を上げることより、下げない工夫のほうがはるかに近道。

 

日本人の新型コロナウィルス対策に必要なのは、和食と咀嚼。

 

普段の食生活で、新型コロナウィルスに負けにくい身体を作って行きましょう!

 

f:id:YinYang-Harmony:20201208151325j:image

(※年末年始のご馳走ラッシュに備えて、普段の献立を整えます💖)

 

 

 

鍼灸学修士・食養指導士

風ノ帆 拝

 

〇本ブログの引用について このブログのリンクは大歓迎ですが、著作権にご配慮頂き、アイデアや文章の転載、盗用、不適切な引用はお控え下さい。 引用される場合は、アドレスなど「出典」を必ず明記して下さい。

 

 

 

【The summary of English translation is here!】英語版要約

I wrote this article for people who think want to prevent covid-19.

I am teaching the natural food remedy based on Japanese traditional medicine to many patients. All you need the way for preventing covid-19 is  simple food that suit you.

If you often eat fast food (hamburger,fried chicken,pizza,hot dog etc…) , some sweets used many flour and suger or fatty food, you will become get cold easily.

Especially, you should be careful flour with fungicide, agricultural chemicals or genetically modified. Because they will kill your intestinal bacterial flora that is essential for improving your immune system.

Asian who infected covid-19 are less than European, I think because one of reason is the custom that they eat many kind of fermented food. Of couse, they eat rice or beans more than flour.

However,you should eat food that you can get easily in your country,because there is law of nature. If you live in the cold regions of the northland of a country, you should better choice beans,fish, mushroom,herb, carrot, onion, cabbage and potato. In seasoning, salt or vinegar are help for your health.

Most important thing is rest your organ. In Japan, there is the proverb “Temperance is better than medicine.” Chinese or Korean traditional medicine also say the same. Or Muslims has month of fasting.

Eating too much is not good. Overate leads to all kinds of sicknesses.

If you are Western, I would recommend to eat a porridge of rice and vegetable, or vegetable stew, to prevent covid-19 or cold. And then, soaking in the tub,to have good sleep, and never forget to smile and be thankful. It is the secrets of good health.

 

Thank you.

 

 

My profile is here(YinYang-Harmony).

・The degree of Master of Acupuncture(Acupuncturist)
・Japanese traditional medicine diet therapy leader
・Macrobiotic cooking master

 

 

🍀Website

🍀Instagram

🍀患者様のレビュー

 

 

『療妻健母®』とは、「良妻賢母」をもじった造語です。

家族の健康を、毎日の食習慣で守ることができる主治医のような女性を表します。

料理を食べる方の健康と笑顔を願い、自然の恵みに感謝して作られた料理は、家族の健全な心身を守る一番の良薬。そのような身体に対して謙虚で聡明な女性を『療妻健母®』と申します。
 

 

 

📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌

~お蔭様で7冊目! メディア掲載情報~My article were published the health magazine.

10/16(金)発売!

 

酢4大活用術「酢豆乳」「酢甘酒」「酢ゴボウ」「酢漬け卵」で免疫アップ、糖尿病撃退!「高血圧を自力で治す極意」「足の甲のばし」

 

www.amazon.co.jp

腸内環境の整え方について造詣が深く、「世界一受けたい授業」にもご出演された東京大学名誉教授 小柳津広志先生の提唱される理論に、このたび東洋医学に基づく食養生☯️の観点から解説を加えさせて頂きました💖(*^^*)

 

🍀過去のメディア掲載情報はコチラ

 

📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌 📕📙🖌