療妻健母®Life

「お母さんを家族の主治医に!」を応援する食養生の専門家のブログ

人生を整える「時短料理テク」❣️

いつも療妻健母®︎Lifeをご覧下さりありがとうございます。

 

今回は、

 

仕事に家事に、家族のために、

 

毎日を忙しく過ごす女性の皆様に、

 

日々のちょっとした工夫で、

 

「人生を整える時短料理テク」

 

をご提案致します!

 

 

「仕事から帰ってきたら何もやる気が起きず、お風呂に入るのも億劫…」

 

 

「子ども達の習い事、通院などで仕事が終わってからもバタバタで、毎日食事をつくるのも大変…」

 

 

 

そのようなお声、臨床でもよーく伺います!

 

 

仕事だけでも大変なのに、掃除、洗濯、料理、買い物、育児…特に女性はやることがいっぱい(^^;

 

自分を癒す時間なんて二の次、三の次...。

 

 

家族のために「身体に優しい食事」をつくりたいと思っていても、

 

「時間がないから、まともな料理ができない」なんて思い込んでいる方も、意外に多いかもしれません。

 

 

 

せやけど、もし、

 

「健康に良い食事=手間暇がかる」

 

というのが、実は単なるまぼろしだった(笑)としたら…いかがでしょうか。

 

 

 

だって、考えてみて下さい!

 

病気一つしない人間以外の動物なんて、自然にあるもの、サクッと丸ごと食べて終わりです(笑)。

 

 

ほんまは健康に生きるために、手間も情報も必要ありません!

 

 

「自然に沿うように、シンプルに食べる」

 

 

これが無駄なく時短で、

 

健康と時間に余裕をつくるコツです!

 

 

 

今回の実践練習は、

 

普段よく使うお野菜の下拵えだけ、休日の間にサッと済ませてみる!

 

1~2時間くらいあればできます!

 

お子さんにお手伝いをさせて、家庭で食育をするのも良いでしょう!

 

これだけ済ませておけば、平日は15分~30分もあれば、ごはんに汁ものプラス何品かのおかずができあがります!

 

 

 

せっかく買い出した食材を、そのまま冷蔵庫に入れると、毎日料理のたびに、「切る」ところから始めなければなりません。

 

それが「時間のムダ=余裕が無い」に繋がります。

 

 

例えば、

 

ごぼうはささがきに、れんこんは薄切りにして、水を張ったジップロックに入れ、冷蔵庫で保管する(倒れた時水がこぼれないように工夫して下さい)。

 

人参なら短冊でも細切りでも、普段よく使う切り方にしておくと、どんなお料理にもスグ使えます。

 

ほうれん草や小松菜などの青菜なら良く洗って、さっと茹でて冷水に晒し、水気を切って、3~5cmに切っておく(冷凍もできます)。

 

長芋はすりおろして冷凍もOK(製氷機に入れて凍らせると、使う時が楽です)

 

 このような要領で、キャベツ、玉ねぎ、じゃがいも、さつまいも等々、すぐに使えるように5日分くらいストックしてしまえば、

 

お味噌汁、豚汁、煮物、きんぴら、炒め物、おひたし、和え物、鍋、なんでも15分くらいあれば作れてしまいます!

 

※冷凍したものは電子レンジを使わずに、そのまま投入する(もしくは自然解凍する)のが美味しくつくるコツです!

 

f:id:YinYang-Harmony:20200818211537j:plain

 

f:id:YinYang-Harmony:20200818211604j:plain

↑ 私の5分献立はこんな感じです(^▽^)/

 

食養生ではあまり沢山は摂りませんが、ここにお肉やお魚を加えたりしておかずのバリエーションを増やしたり、豆腐や刺身こんにゃく、胡麻豆腐など、そのまま食べられるおかずを添えれば、十分な献立ができあがりです。

 

 

 

私は下拵えの時に余ったキャベツの芯や人参の端っこなどをパッとぬか床に入れたり、今は水茄子の美味しい時期なので、浅漬けにして一品にしたりします。

 

f:id:YinYang-Harmony:20200818211424j:plain

 

 

 

 

 

台所とは、「命の土台を作る所」を意味します。

 

その心構えを持ちながらも、

 

現代のライフスタイルに合わせて、

 

段取りを組めば、

 

自分が豊かになるための時間をつくることができます。

 

 

身体にも、心にも、時間にも、

 

 ある程度余裕があれば、人生は必ず良い方向へ流れます。

 

シンプルな段取りの積み重ねで、「人生を整える」。

 

ぜひ出来るところから、取り組んでみて下さい!

 

 

 

 

 

鍼灸学修士・食養指導士

風ノ帆 拝

 

 

 

f:id:YinYang-Harmony:20200818214044p:plain

体験型セミナー「お灸ヨガ」

第一弾、9/17(木)開催!

元氣はかんたん♪「お灸ヨガ」~①冬の新型コロナウィルス・インフルエンザに備える!

※現地レッスン、オンラインレッスン(Zoom)両方あります!

 リンクをクリックすると、Facebookイベントページにジャンプします。

 

お灸ヨガ公式HPもご参照下さい。(今後の講座スケジュールが確認できます!)

 

 

 

筆者の略歴、臨床経験、治療家になったキッカケなどにご興味のある方は

こちらのプロフィール をご覧下さい。

 

〇本ブログの引用について このブログのリンクは大歓迎ですが、著作権にご配慮頂き、アイデアや文章の転載、盗用、不適切な引用はお控え下さい。 引用される場合は、アドレスなど「出典」を必ず明記して下さい。

 

 

🍀Website

🍀Instagram

🍀Blog『療妻健母®Life』

『療妻健母®』とは、「良妻賢母」をもじった造語です。

家族の健康を、毎日の食習慣で守ることができる主治医のような女性を表します。

料理を食べる方の健康と笑顔を願い、自然の恵みに感謝して作られた料理は、家族の健全な心身を守る一番の良薬。そのような身体に対して謙虚で聡明な女性を『療妻健母®』と申します。

 

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

~メディア掲載情報~

6/16(火)発売!

食べて飲んで身を守る! 熱中症撃退レシピ (塩バナナ 酢ゴーヤ 食べる甘酒 梅干しドリンクが効く!) マキノ出版

梅の効能と、熱中症や冷え性、アトピー性皮膚炎の食養生について取材を受けた記事が掲載されました!

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

 

🍀過去のメディア掲載情報はコチラ

🍀患者様のレビューはコチラ

 

 

 

Thank you for coming to my new blog.

My detailed profile is here.

  • The degree of Master of Acupuncture(Acupuncturist)
  • Japanese traditional medicine diet therapy leader
  • Macrobiotic cooking master

 

 

 


#お母さんは家庭の医者
#台所は命の土台を作る所
#病気治しは心根治し
#難あり即ち有難し
#病ではなく人を診る
#養生法リレー
#未病治
#東洋医学
#医
#食
#食養
#養生
#食事療法
#医食同源
#和漢食
#中医学
#鍼
#灸
#漢方
#上工は未病を治す
#免疫
#腸内環境
#遺伝子組み換え
#種苗法
#種子法
#放射能汚染
#食べ物
#食材
#生命力
#いただきます
#おもてなし
#からだに合った健康法
#アトピー #癌 #摂食障害 #花粉症 #冷え性 #アレルギー #新型 #肺炎 #コロナ #感染
#washoku #umami #dashi #natural #organic #food #nongm #acupuncture #japan #medicine #remedy #yin #yang #oriental #macrobiotics #atopic #covid #corona #mottainai #omotenashi

 

梅雨に免疫力を保つ食養生(The regimen for early summer)

いつも療妻健母®Lifeをご覧下さり有難うございます。

(Thank you for reading my acupuncture clinic blog. There is the summary of English translation bottom of this article.)

 

このたび九州地方の豪雨によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

ご安全ご健康と、一日も早い復興をお祈り致します。

 

 

 

今回の療妻健母®Lifeでは、

 

・雨天

・湿度

・日本の夏

 

の3つの条件が揃う時、

 

どのように健康管理をすると

 

ほんまに「身体にとって優しいのか」を

 

考えてみたいと思います。

 

 

免疫力と言えば、

 

抗酸化物質やポリフェノール、

 

ビタミンなどの用語を思いつく方も多いと思います。

 

 

 

ただし栄養学発祥の地である欧米と、日本では、

 

体質も体格も、

 

風土も気候も、

 

文化も歴史も、

 

もちろん持って生まれる代謝酵素も遺伝情報も

 

ぜ~んぶ異なります。

 

 

 

いくら"トマトにはリコピンが…"

 

"ブロッコリーにはビタミンCが…"と言っても、

 

西洋と東洋では

 

「健康維持に重要な食材」は違うと考えるのが自然です。

 

 

 

トマトやブロッコリーが日本になかった時代のほうが、

 

国民医療費も少なく済んでいましたからね(笑)。

 

 

 

 

例えば「ヨーグルト」は

 

ブルガリア地方の方々にとっては、

 

先祖代々食べ続けてきた「長寿食」ですが、

 

私達日本人にとっては

 

長い歴史を持つ「味噌」や「梅干し」のほうが、

 

はるかに腸内環境に合う「長寿食」です。

 

(ヨーグルトの原材料の牛乳を分解する酵素を持たない日本人も非常に多いですが、これは極めて「正常」です。ただし病院に行くとなぜか「乳糖不耐症」という残念な病名を付けられます…(-_-;))

 

 

 

東洋医学に基づく食養生の専門家として、胸を張って申し上げます!

 

今住んでいる風土気候に合わせてこその食養生です💖

 

他国の習慣や、栄養素、コマーシャル(笑)に、

 

あなたの大切な身体を合わせる必要はございません!

 

 

 ※身体には「神様と同じくらい大切なもの」という意味があります。6/29付の記事で紹介しております

blog.biryoshinkyu.com

 

 

 

 

さて、日本の夏は高温多湿ですが

 

注意すべきは

 

「湿度が高いと、

 

気温がさほど高くなくても、暑く感じてしまう

 

という点。

 

 

 

例えば、

 

最近は湿度が80%前後ありますから、蒸し暑く感じます。

 

ですが今週の大阪の最高気温は27~28℃くらいなので

 

水温で考えたら、「まあまあ冷たい」温度です。

 

実際にはそんなに暑い気温ではないことが分かります。

 

 

 

 

 

そうめん、ざるそば、冷やしうどん、お刺身、冷や奴、

 

冷たいお茶、アイスコーヒー、ビール、

 

アイスクリーム、棒アイス、かき氷など

 

 

 

最近冷たいものを摂る機会、多くありませんか?

 

 

 

ギクッ・・・(;´∀`)

 

とした方はご注意下さい。

 

 

 

詳しくは今後アップする予定の記事で触れますが、

 

高温多湿」の気候下では

 

汗をかく」(利湿を促し、水はけの良い身体をつくる)ことが

 

一番肝心な養生のポイントです!

 

 

 

冷やっこいものばっかりやったら、

 

汗も出ませんやん(笑)!

 

 

 

 

 

せやから今、ほんまに食べるべきは、

 

「身体を温めるもの」

 

 

 

炊き立てのご飯、温かいそば、うどん、お鍋。

 

しょうがなどの薬味もちょっと添えて、

 

小汗をかきながら頂く献立こそ、

 

水はけの良い梅雨向きの身体を作る食養生です。

 

 

ちなみに私は、

 

備長炭のかけらか梅干しを1つ入れて炊いたご飯でつくる

 

ほっくほくのおむすび

 

をほぼ毎日頂いております。

 

 

 

f:id:YinYang-Harmony:20200706155636j:plain

玄米、雑穀米、白米は体調に合わせてチョイスします!



 

 

 

夏は一年で一番古いお米を食べる時期ですから、

 

炭や梅干しの力を借りて、

 

美味しく、傷みにくくする工夫がおすすめ!

 

(梅干しが苦手な方は、炊き上がってから取り出すと良いです)

 

 

 

 

 

またお米の主成分であるでんぷん質は、

 

脳の主たる栄養源であり、免疫や自律神経の働きに不可欠です

 

 

 

特に日本人の身体は

 

お米を食べることで体温が上がるようにできていますので、

 

夏でも出来るだけお米(主食)を頂くのが養生の秘訣。

 

 

 

もちろんお粥や雑炊、旬のお野菜を使った炊き込みご飯など、

 

お好きなアレンジで、お召し上がり下さい💖

 

 


I introduce spending time for rainy season in Japan.

You know,Japanese summer is hot and humid.
But this season in Japan, if you take a lot of cold foods or drink, you will get the summer heat fatigue, heat stroke and weakened immune systems.

In Japanese summer,it is most important for keeping your health to sweat by eating, exercise, or taking a bath. Because it is so high humid, but actually not high temperature.

In those rainy season, it is better to take rice, fermented food(like Miso or Umeboshi) or warm food. That makes your immune systems keeping.

 

 

【お勧めアイテム】

 

【お勧め本】

粥百選

粥百選

  • 作者:高梨尚之,翠香園
  • 発売日: 2017/08/14
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

 

 

鍼灸学修士・食養指導士

風ノ帆 拝

 

筆者の略歴、臨床経験、治療家になったキッカケなどにご興味のある方は

こちらのプロフィールをご覧下さい。

 

Thank you for coming to my new blog.

My detailed profile is here.

  • The degree of Master of Acupuncture(Acupuncturist)
  • Japanese traditional medicine diet therapy leader
  • Macrobiotic cooking master

 

 

🍀Website

🍀Instagram

🍀Blog『療妻健母®Life』

『療妻健母®』とは、「良妻賢母」をもじった造語です。

家族の健康を、毎日の食習慣で守ることができる主治医のような女性を表します。

料理を食べる方の健康と笑顔を願い、自然の恵みに感謝して作られた料理は、家族の健全な心身を守る一番の良薬。そのような身体に対して謙虚で聡明な女性を『療妻健母®』と申します。

 

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

~メディア掲載情報~

6/16(火)発売!

食べて飲んで身を守る! 熱中症撃退レシピ (塩バナナ 酢ゴーヤ 食べる甘酒 梅干しドリンクが効く!) マキノ出版

梅の効能と、熱中症や冷え性、アトピー性皮膚炎の食養生について取材を受けた記事が掲載されました!

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

 

🍀過去のメディア掲載情報はコチラ

🍀患者様のレビューはコチラ

 

 


#お母さんは家庭の医者
#台所は命の土台を作る所
#病気治しは心根治し
#難あり即ち有難し
#病ではなく人を診る
#養生法リレー
#未病治
#東洋医学
#医
#食
#食養
#養生
#食事療法
#医食同源
#和漢食
#中医学
#鍼
#灸
#漢方
#上工は未病を治す
#免疫
#腸内環境
#遺伝子組み換え
#種苗法
#種子法
#放射能汚染
#食べ物
#食材
#生命力
#いただきます
#おもてなし
#からだに合った健康法
#アトピー #癌 #摂食障害 #花粉症 #冷え性 #アレルギー #新型 #肺炎 #コロナ #感染
#washoku #umami #dashi #natural #organic #food #nongm #acupuncture #japan #medicine #remedy #yin #yang #oriental #macrobiotics #atopic #covid #corona #mottainai #omotenashi

 

ご存じですか? 「身体」の語源

今日も『療妻健母®︎Life』をご覧下さりありがとうございます😊

 

本ブログでは

 

毎日の生活のちょっとした工夫で

 

自分や家族の健康を守る日本の伝統の知恵

 

をお伝えして参ります。

 

 

今日は2回目の投稿ですので、

 

具体的な健康ノウハウより

 

はるかに大切な

 

「身体の捉え方」について、

 

お話しします!

 

 

 

今のご時世でこんなん言うたら

 

ビックリされるかもしれませんが、

 

 

 

 健康維持のために、

 

「免疫力を上げる食材」や

 

「病気の治し方」を色々ググるのは、

 

二の次、

 

三の次、

 

もっと後でええんです!(ほんまに)

 

 

 

それよりもまず

 

 身体」をどのように捉えるか

 

をハッキリさせる!

 

これが、めっちゃ大事やねん!

 

 

 

 

・・・きちっと考えてみたことあります?(笑)

 

 

 

 

 

ここが定まっていないと、

 

自分の身体に

 

「合う食事」

 

「合わない食事」

 

を見分けることさえ難しい。

 

 

 

せやから今日は「身体の捉え方」について

 

肩の力を抜いて一緒に考えてみましょう。

 

 

 

f:id:YinYang-Harmony:20200629003816j:plain

 

 

 

日本語の「身体(からだ)」は「しんたい」とも読みますが、

 

これはもともと「ご神体」の言霊と言われます。

 

 

つまり、

 

 

自分の身体も家族の身体も、

 

 

「神さんのように大切にせなあかん!」

 

 

っちゅうことです!

 

 

宗教的な意味合いはココでは置いておくとして、

 

例えば、

 

神社に何かお供えを持って行くなら、

 

皆さんはどのようなものが相応しいと思いますか

 

 

お酒やお米、収穫した旬の食材など、いくつか決まり事はありますが、


 

大人であれば、

 

「それなりの価値があるもの」

 

「質素でも心がこもったもの」

 

と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

1個10円のチョコレート供えようとか、

 

安いドーナツとタピオカミルクティー並べに行こ、

 

とは、あまり思われないはずです(笑)。

 

実はこれは、健康の秘訣でもあります。

 

 

自分の身体は神様のように尊いもの

 

世界に一つだけの奇跡の塊です。

 

 

 

生きているだけで価値のある存在に、

 

粗悪な食品を納めるのは、

 

非常に勿体ないことです。

 

 

食事は「エサ」ではありません。

 

「欲求」を満たす行為でもありません。

 

 

 

命を育み、繋ぐための、

 

大切な営み。

 

 

 

仕事や家事が忙しかったら、

 

時短でも、自分の身体が喜ぶように

 

献立を工夫する心構えが大事です。

 

 

基本的に神棚に供えるものは

 

水、米、塩と決まっていますが、

 

これも「身体」には基本となる食材です。

 

これだけで「ご飯」や「おむすび」、「おかゆ」が完成します。

 

 

 

昔は精米の技術が発達していなかったので玄米が普通でしたから、

 

栄養素の観点からでもビタミンC以外は網羅できます。

 

(沢庵漬けか梅干しを添えたら完璧です!)

 

 

 

 

逆に日本の裏側で取れた果物や、

 

横文字の穀物や野菜などは、

 

神前にお供えするには、あまり相応しい食材とは言えません。

 

肉、魚、油などは例え質が良くても、

 

主として納められることは少ない食品です。

 

 

 

どのようなものが神様に相応しいかを考えることは、

 

自分の身体に何が相応しいかを考えるのと同じこと

 

 

 

お元気な方なら時々はフルコースのご馳走や、

 

ファースト・フードでも良いかもしれませんが(笑)、

 

 

まずは質素でも、時短メニューでも、

 

尊い存在である「身体」に対して

 

「失礼のない食材(食事)を選ぶ」という氣構えが、

 

一家の食事を預かる療妻健母®のたしなみかと存じます。

 

 

 

今回は詳しく触れませんが、

 

今何か不調や病気があるっちゅー方は、

 

「アンタの神さん怒ってはるでー!」

 

「気ぃつけなはれや!!」

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

鍼灸学修士・食養指導士

風ノ帆 拝

 

筆者の略歴、臨床経験、治療家になったキッカケなどにご興味のある方は

こちらのプロフィール をご覧下さい。

 

 

🍀Website

🍀Instagram

🍀Blog『療妻健母®Life』

『療妻健母®』とは、「良妻賢母」をもじった造語です。

家族の健康を、毎日の食習慣で守ることができる主治医のような女性を表します。

料理を食べる方の健康と笑顔を願い、自然の恵みに感謝して作られた料理は、家族の健全な心身を守る一番の良薬。そのような身体に対して謙虚で聡明な女性を『療妻健母®』と申します。

 

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

~メディア掲載情報~

6/16(火)発売!

食べて飲んで身を守る! 熱中症撃退レシピ (塩バナナ 酢ゴーヤ 食べる甘酒 梅干しドリンクが効く!) マキノ出版

梅の効能と、熱中症や冷え性、アトピー性皮膚炎の食養生について取材を受けた記事が掲載されました!

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

 

🍀過去のメディア掲載情報はコチラ

🍀患者様のレビューはコチラ

 

 

 

Thank you for coming to my new blog.

My detailed profile is here.

  • The degree of Master of Acupuncture(Acupuncturist)
  • Japanese traditional medicine diet therapy leader
  • Macrobiotic cooking master

 

 

 


#お母さんは家庭の医者
#台所は命の土台を作る所
#病気治しは心根治し
#難あり即ち有難し
#病ではなく人を診る
#養生法リレー
#未病治
#東洋医学
#医
#食
#食養
#養生
#食事療法
#医食同源
#和漢食
#中医学
#鍼
#灸
#漢方
#上工は未病を治す
#免疫
#腸内環境
#遺伝子組み換え
#種苗法
#種子法
#放射能汚染
#食べ物
#食材
#生命力
#いただきます
#おもてなし
#からだに合った健康法
#アトピー #癌 #摂食障害 #花粉症 #冷え性 #アレルギー #新型 #肺炎 #コロナ #感染
#washoku #umami #dashi #natural #organic #food #nongm #acupuncture #japan #medicine #remedy #yin #yang #oriental #macrobiotics #atopic #covid #corona #mottainai #omotenashi

 

『療妻健母®Life』始めます!

この度は数あるブログの中から、『療妻健母®Life』を見つけて下さいまして、誠に有難うございます!!

 

袖振り合うも他生の縁。

 

健康の在り方について、

ちょっと立ち止まって考えてみたい方は、

ぜひご覧になって下さいね。

 

 

お母さんは家庭の医者。

台所は家庭の薬局。

 

毎日の食事の「ちょっとした工夫」で

自分や家族の健康を守るお母さんの知恵こそ、

東洋医学に基づく食養生の専門家として私が思い描く、

究極の予防医学です。

 

このブログではそんな数々の伝統的な知恵を、

現代版にアップデートして紹介して参ります。

 

f:id:YinYang-Harmony:20200615230056j:plain

 

 

メディアに溢れる健康情報は諸刃の剣で、

実は情報の「一つの側面」しか伝えていないことが多々あります。

 

物事には「陰」と「陽」の両面があります。

ほんまはどっちも見た上で、

自分で考えなあかんモンなんです。

 

タダほど高いモンは無いんやから。

 

 

 

情報は知っているだけでは不十分。

ふるいにかけず、ただやるだけでは、時間の無駄。

 

 

なぜなら

 

一般的に「健康に良い」とされることでも、

 

自分の身体に合っていなければ

それは「身体が嫌がる」こと

 

だからです。

 

 

例えば「一日3リットル水飲み健康法」は、

 

毎日空調のきいたところでほとんど発汗せず、

運動する習慣がなく、

身体が冷えて、顔色が青白く、

むくみもあり、代謝が悪く、

お小水が近く、夜間尿もあるような方には

 

絶対合わんわっ!!

 

・・・って思いますやん? 普通(笑)。

 

 

 

健康情報そのものに「良し」「悪し」はないんです。

 

「合う」「合わん」なんです。

 

 

 

 

どうせ健康のために何かするんやったら、

 

「毎日のちょっとした工夫で」→お金や時間を節約しながら

 

「自分に合う」→結果が出る

 

ことをきっちり選んだほうが、

 

2倍お得ってもんですわ(笑)!

 

 

 

健康は一日にしてならず。

 

身体が「ほんまに喜ぶこと」(身体に合うこと)を、

 

ゆる~く、少しずつ、積み重ねることが、

 

ブレない心身を維持する第一歩。

 

 

 

どのような情報が自分や家族の体質・体調に合うのかを

見極めるモノサシを持つことが食養生では一番大切です。

 

f:id:YinYang-Harmony:20200615225926j:plain

 

本ブログでは、様々な情報をふるい分ける

 

「母なる勘」の磨き方を、

 

医学研究者の観点から

できるだけ面白く解説致します。

(関西在住なんで!)

 

時間やお金をかけずとも、

家族や周りの人の病を癒す知恵を持ち、

健康を守るための様々な工夫ができる聡明な女性を、

 

「良妻賢母」をもじって、

「療妻健母®」と名付けました。

 

これが『療妻健母®Life』のタイトルの由来です。

本ブログが療妻健母®を目指す女性(男性ももちろん大歓迎!)の皆さんの一助となれば幸いです。

 

どうぞ末永くお付き合い下さいますよう、宜しくお願い致します。

 

 

鍼灸学修士・食養指導士

風ノ帆 拝

 

 

 

筆者の略歴、臨床経験、治療家になったキッカケなどにご興味のある方は、

こちらのプロフィール をご覧下さい。

 

 

🍀Website

🍀Instagram

🍀Blog『療妻健母®Life』
 

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

~メディア掲載情報~

6/16(火)発売!

食べて飲んで身を守る! 熱中症撃退レシピ (塩バナナ 酢ゴーヤ 食べる甘酒 梅干しドリンクが効く!) マキノ出版

梅の効能と、熱中症や冷え性、アトピー性皮膚炎の食養生について取材を受けた記事が掲載されました!

🌻🍨🌞🌻🍨🌞🌻🍨🌞

 

🍀過去のメディア掲載情報はコチラ

🍀患者様のレビューはコチラ

 

Thank you for coming to my new blog.

I start my new blog today for introduce about Japanese traditional medicine diet therapy.

In Japan, there is the diet therapy to suit each people.

However, many Japanese people(include the doctors) do not know that.

I think that the mothers are a head doctor for family.

If they knew how to protect their family's health by food, that is ultimate preventive medicine.

We do not need more information. We need the wisdom which has penetrating insight into the truth of things.

 

For example, ginger colds your body if you take ginger whole long time.  Your immunity would probably go down. However, when you got a cold, if you take a ginger drink made from malt syrup dissolved in hot water with ginger liquid, you get the effect for warming your body. It helps to restrain the virus of cold.

Foods become the medicine or the poison by how to use.

 

Now is the time, to reconsider the medical science for preventing the diseases by food or lifestyle. I will introduce a lot of the wisdom of Japanese traditional medicine diet therapy by writing my new blog.

 

There is the four-character idioms“良妻賢母” in Japan. It is mean a good wife and wise mother. I arranged this word, and I made the new four-character idioms “療妻健母”.

Both calls “ryosai-kenbo”.

But 療妻健母 stand for a wife who can heal family and mother who can protect family’s health. I hope that my blog can help a lot of women become “療妻健母”.

 

 

 

My detailed profile is here.

  • The degree of Master of Acupuncture(Acupuncturist)
  • Japanese traditional medicine diet therapy leader
  • Macrobiotic cooking master

 

 

 

 


#お母さんは家庭の医者
#台所は命の土台を作る所
#病気治しは心根治し
#難あり即ち有難し
#病ではなく人を診る
#養生法リレー
#未病治
#東洋医学
#医
#食
#食養
#養生
#食事療法
#医食同源
#和漢食
#中医学
#鍼
#灸
#漢方
#上工は未病を治す
#免疫
#腸内環境
#遺伝子組み換え
#種苗法
#種子法
#放射能汚染
#食べ物
#食材
#生命力
#いただきます
#おもてなし
#からだに合った健康法
#アトピー #癌 #摂食障害 #花粉症 #冷え性 #アレルギー #新型 #肺炎 #コロナ #感染
#washoku #umami #dashi #natural #organic #food #nongm #acupuncture #japan #medicine #remedy #yin #yang #oriental #macrobiotics #atopic #covid #corona #mottainai #omotenashi